関西リニューアル協議会は大規模修繕工事をはじめ、リニューアル専門業者の協会です。

NPO法人関西リニューアル協議会
homeお問合せ
調査診断
なぜ?建物調査が必要なの?
1. 経済的な改修設計(工事)ができる。

科学的調査方法により故障の原因を究明し、対象建物各部位ごとに傷み具合と施主の要望に合わせたオリジナルの改修仕様や改修工事の優先順位を決めることが出来るため、効率的、経済的な改修工事が可能になる。
2. 過剰な品質や低品質の改修工事がなくなる。

施工業者等の無料診断と違い科学的で正確な調査診断は投資金額に対して経済効率の高い改修工事が出来るため結果的に割安となる。
3. 長期修繕計画の確立が容易になる。

科学的調査方法により、建物の劣化度が明らかになれば、その時点での改修工事に役立つだけでなく、長期修繕計画も作成が容易になる。
4. 故障箇所の早期発見ができる。

建物所有者や使用者に課せられている損害賠償責任を生ずる建物災害(タイル、モルタルの落下など)の予防や瑕疵(欠陥)の早期発見ができる。
5. 公平な入札や業者選定の資料になる。

中立的専門的立場での調査に基づき作成された改修工事仕様書により入札を行なうと経済的な入札ができる。
このページのトップへ
建物調査ってどんなことをするの?
建物は1つ1つ劣化の状況が異なりますので、個々の建物について調査・診断を行う必要がります。調査方法は、目視、触診、打診、写真撮影から機械式試験(塗膜付着力試験・中性化深度試験)を実施して調査診断報告書を作成しご説明させて頂きます。
1. 目視・触診調査

建物の外壁などの劣化について、劣化現象が認められる場所、範囲及び程度などを記録し評価いたします。劣化現象の程度や状況を把握する事が、修繕方法を立案、具体化する上で重要となりますので、修繕工事を考えておられる管理組合様としては、こういった作業の良し悪しが建物修繕の品質に繋がります。
2. 写真撮影

目で確認した劣化状況を写真撮影し、調査診断報告書に添付して管理組合の皆様に劣化状況を認識して頂きます。
3. 打診調査(タイル壁面の場合)

磁器タイル仕上の場合、タイル自体はほとんど劣化しない無機質なので安心ですが、貼り付けてある下地材(鉄筋コンクリートなど)との接着性が問題となります。打診棒などで打診し、浮きの状態を確認します。磁器タイルに浮き・剥離などの劣化現象が進行すると剥落事故に繋がる恐れもありますので、一定期間を超える場合、点検を兼ねた修繕工事を実施しましょう。
4. 塗膜付着力試験

現在の仕上塗膜が下地にどの程度の強度で付着しているか試験を行い確認します。塗替前の塗膜の付着強度が低いと新たに塗装しても、現状の塗膜から浮きや剥れが発生する可能性があります。
5. 中性化深度試験

現在のコンクリート躯体がどの程度中性化しているか測定致します。コンクリートは打設当初はアルカリ性でありコンクリート中の鉄筋が錆るのを抑制しております。中性化が鉄筋まで進むと鉄筋に錆が発生して「鉄筋爆裂」現象を引き起こします。
このページのトップへ
お問合せ
お電話・FAXによるお問合せ TEL.06-6539-0252 FAX.06-6539-0241 営業時間/9:00〜18:00(平日)
〒550-0013  大阪市西区新町1丁目32-16-401
インターネットからのお問合せ
関西リニューアル協議会とは
会員紹介
大規模修繕工事
調査診断
防水工事
外壁工事(塗装等)
外壁工事(タイル等)
設備工事
関リ協の保険制度
関リ協の保険制度
安全パトロール
Copyright (C) 2006-2009 NPO法人関西リニューアル協議会 All Rights reserved. Produce by 株式会社サードアイ