関西リニューアル協議会は大規模修繕工事をはじめ、リニューアル専門業者の協会です。

NPO法人関西リニューアル協議会
homeお問合せ
関リ協の保険制度
メンテナンス補償制度
関リ協盗難被害補償制度【家財盗難保険】
建築足場からの侵入盗難事故に備える保険
工事期間中、居住者の方々がより安全に過ごせるようにご提案します。
家財の盗難被害
その他にも充実の補償
その他にも充実の補償
このページのトップへ
【家財盗難保険】Q&A
こんな場合はどうなるの?
1.契約者は誰になりますか?
この契約は、契約者をマンション管理組合または工事請負業者、被保険者(補償対象者)を居住者と
する明細付契約となります。
2.どんな事故の時に補償されますか?
居室からの家財・現金の盗難を始め、火災・落雷、破裂・爆発、風・ひょう・雪災、消防活動による水濡れ・破損、給排水設備・他人の戸室からの事故による水濡れ、建物外部からの物体の飛来・落下・衝突などの事故により家財に生じた損害が補償対象です。
3.盗難の場合、建築足場を利用したもの以外はどうなりますか?
居室からの盗難であれば、建築足場を利用したもの以外でも、ピッキングなど全ての盗難事故も保険金支払いの対象となります。
4.補償の対象は何ですか?
補償の対象は家財です。
例えば、盗難事故の際に壊された窓ガラスや建具、クロスなどは共用部分や建物の一部ですので補償の
対象になりません。
5.家財とは何をいいますか?
家具・家電・衣服・装飾品・調度品などの生活用動産を家財といいます。
6.全ての家財が補償の対象になりますか?
例外を除いて対象になります。
例外となるもの ・現金は20万円限度
・預貯金証書は200万円限度
・明記物件
7.明記物件とは何ですか?
1品・1組30万円を超える宝石・貴金属・書画・骨董をいいます。
30万円の宝石複数個、100万円の腕時計、50万円のテレビ等は明記物件ではありません。
8.明記物件の加入はどうすればいいですか?
この保険は、マンション管理組合を契約者とする明細付契約で、各居住者同一の保険金額でお引き受けしている関係上、明記物件については居住者各自で別途に保険をご手配ください。また、明記物
件のみのご契約はできません。
9.事故が起こったら、どうすればいいですか?
まず、電話やFAXでご連絡ください。ご連絡をいただきましたら、警察への届出など必要手続きや届出の際の注意事項等をご説明させていただきます。
10.盗難事故が起こった場合、施工業者に賠償請求できますか?
できません。
「足場を組む」という行為自体には違法性が無く、業務上のミスが存在しない以上賠償責任は発生しま
せん。万一足場入り口の鍵の施錠を忘れた場合でも、施錠しなかった事自体は、直接には、第三者による盗難には結びつきません。つまり、因果関係の範囲外 (結果予見性の範囲外)であり、賠償責任は発生しないものと考えられます。
このページのトップへ
メンテナンス補償制度|盗難被害補償制度
お問合せ
お電話・FAXによるお問合せ TEL.06-6539-0252 FAX.06-6539-0241 営業時間/9:00〜18:00(平日)
〒550-0013  大阪市西区新町1丁目32-16-401
インターネットからのお問合せ
関西リニューアル協議会とは
会員紹介
大規模修繕工事
関リ協の保険制度
関リ協の保険制度
安全パトロール
Copyright (C) 2006-2009 NPO法人関西リニューアル協議会 All Rights reserved. Produce by 株式会社サードアイ